Amebaマンガ

呪術廻戦

呪術廻戦 釘崎野薔薇が死亡が確定!誰に殺されたのかそして生き返るの?作者「芥見下々」が語った衝撃の内容とは!

釘崎野薔薇が死亡する言う衝撃的な話が出てきました。

かなり序盤から出てくるメインどころのキャラなのに殺してしまうのか?とショックを隠し切れません。

ですが、まだ生き返る可能性もあると信じて今回は誰に殺されたのかなど考察していこうと思います。

釘崎野薔薇 死亡誰に殺される

釘崎野薔薇の死亡したと言われるシーンは渋谷事変での特級呪霊の真人の分身との戦闘中です。

分身とはいえ相当強い真人ですが、野薔薇の術式が優勢かと思いきやいつの間にか、虎杖と戦闘中の本物の真人と入れ替わっていた。

分身と本物が入れ替わったことにより、本物の真人の手が野薔薇に触れたことで虎杖の目の前で野薔薇の顔面が破壊され倒れる感じになります。

顔面が吹き飛んだことで野薔薇死亡説が真実味を帯びてきました。

しかも、その後走馬灯で釘崎野薔薇の過去のストーリーに入る感じからすると死亡説は濃厚な感じがします。

単行本何巻の何話の話?

単行本15巻124話で真人との戦闘で顔面に触れらてしまい走馬灯のシーンに突入します。

そして、125話で虎杖に別れの挨拶をして顔面が吹き飛ぶような描写があります

死亡は確定なのでしょうか? 理由は?

釘崎野薔薇が死亡したと言われるシーンの後で出てくる新田新が東堂に処置を施したが多分死んでいると告げていて、更にその後虎杖に新田が彼女の呼吸も脈も止まっている。と告げています。

なので、死亡したのは今の時点では確実なのだと思います。

ですが、今の段階でそのように言われているだけで、まだ復活する可能性もあると思います。

生き返る可能性は?もしくは実は生きてたとかないの?

残念ながら実は生きていたという可能性は少ないと思います。

この時点では先ほども説明しましたが呼吸も脈も止まっている時点で実は生きていたの可能性は少ない気がします。

というより一度心臓が止まったことにより、呼吸や脈が止まってると言えると思います。

その為、その後心臓が動き出すなどがあれば実は生きていたともいえるのかもしれません。

それと死亡したと言われるシーンをよく見ると左目は吹き飛んでいますが頭は無事にも見えます。

さらに、名前の野薔薇の花言葉に痛手からの回復というのもあるのでこぎつけかもしれませんが、それだけ生きていてほしいもしくは生き返ってほしいという思いが強いです

新田新も気になる事を言ってます。「助かる可能性は0じゃない」と発言しています。

という事は何パーセントか生き返る可能性があるという事になります。

虎杖に気を使った発言なのかどうかはわかりませんが、ここで伏線を貼っているという事は感動の再開などがあり得るのかもしれないですね。

作者 芥見下々先生の発言が話題に

原作者の芥見下々先生が番組インタビューで「作品が面白くなるならキャラは殺す」と言っています。

そして2019年のジャンプフェスティバルでも「1人だけ死ぬか、1人以外全員死ぬか」と発言しているようです。

こんな発言もあったようです。

野薔薇は死にたてホヤホヤで維持されているという発言を作者の芥見下々先生がしていました。「死んだ」ということは確かですが、死にたてホヤホヤで...ということは今後なにかしらの形で再登場する可能性は高いと思われます。

ヤフー知恵袋

意外に色々と発言していてビックリしましたし、メインどころのキャラ死亡が出るとは思いませんでしたが、今後も目が離せない状態になってきましたね。

『こちらの記事もどうぞ』

Amebaマンガ

-呪術廻戦